博士が教えるオメガ3脂肪酸なるほどガイド
オメガ3脂肪酸ガイドHOME » 必見!オメガ3脂肪酸博士のなぜなに特集 » オメガ3脂肪酸に副作用はあるの?

オメガ3脂肪酸に副作用はあるの?

オメガ3脂肪酸の推奨摂取量や過剰摂取と副作用に関するリスクといった情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

オメガ3脂肪酸、過剰摂取と副作用のリスクとは?

オメガ3脂肪酸に限らず、すべてのサプリメントや薬品、食材などにも言えることですが、量を取れば取るほど症状が改善するというケースは、まずありません

それどころか、逆効果となってしまうケースの方が多いというのが現実です。症状を良くしたいという気持ちは分かりますが、過剰摂取は厳禁です。このことは、しっかりと守っていただきたく思います。

では、オメガ3脂肪酸の適正摂取量について。米国食品医薬局〔FDA〕定める栄養食品としてのオメガ3脂肪酸の推奨摂取量は1日あたり2g以下とされています。

また、日本国内での研究機関では、特定の効果を期待してオメガ3脂肪酸を服用する場合、1日あたり3g程度という数字が紹介されています。

ちなみに1日あたり700mgの服用量で血圧低下に効果があるという結果もあり、必ずしも量を摂ればよいというものではないことがお分かりになるでしょう。

大量に摂るような場合は、出血や血糖値への影響、血圧低下などの副作用の可能性があることに留意が必要です。

魚アレルギーの人は、サプリメントであっても、魚油や魚から抽出されたオメガ3脂肪酸の摂取は避けた方がよいでしょう。

1日あたり2g~3g程度のオメガ3脂肪酸を摂取するにはさほど心配はいりませんので、用量を守っていれば問題ありません。