博士が教えるオメガ3脂肪酸なるほどガイド

他のオメガ脂肪酸とどう違う?

オメガ脂肪酸の種類ごとの違いや特徴にフォーカスを当て、とくにオメガ3とオメガ6・オメガ9との違いについて詳しく解説していきたいと思います。

ご存知ですか?オメガ脂肪酸、3、6、9の違い

オメガ脂肪酸は「脂肪」という字面から、身体によくないもの、避けた方がよいものという誤解を持たれてしまうことが少なくありません。

しかし、実際は逆で、オメガ脂肪酸はダイエットを筆頭に、身体の調子をよくするために積極的に摂取すべき成分なのです。

そもそも人間が摂取する油脂には大きく分けて、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。それぞれの違いを簡単にまとめると、次のようになります。

  • 飽和脂肪酸:牛肉や豚肉、乳製品など動物性の脂肪に多く含まれ、取りすぎに注意しなければならないもの。
  • 不飽和脂肪酸・・・植物や魚類から抽出され、善玉コレステロールを増やすなど、身体によい影響をもたらす効果が高いもの。

つまり、ひとくちに食用油といっても、身体に悪いものよいものとがあり、不飽和脂肪酸は良い油となります。

そしてオメガ脂肪酸は、不飽和脂肪酸に属しています。ただし、不飽和脂肪酸も摂り過ぎればいいというものではありません。

それぞれの特徴

より細かくオメガ脂肪酸を分類していくと、オメガ3、オメガ6、オメガ9という3つに別れます。大まかな特徴は次の通りです。

  • オメガ3:アマニ油、シソ油、魚の脂肪など。中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす。
  • オメガ6:べにばな油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズなど。悪玉コレステロールを減らす効果はあるが、善玉コレステロールも減らしてしまう他、アレルギーなども促進してしまう。
  • オメガ9:オリーブ油やキャノーラ油など。悪玉コレステロールを減らす働きがあり、また酸化しにくい特徴があるため、加熱処理をする食材との組み合わせに向いている。

前述の通り、これら不飽和脂肪酸は人間の身体にとって不可欠な成分です。

オメガ6も不足してしまうと、皮膚状態が悪化したり、肝臓や腎臓などのトラブルの原因となってしまいます。しかし、現代日本では食の欧米化などの要因で、オメガ6は過剰摂取となっているのが現状。

悪玉だけでなく善玉コレステロールも減らしてしまい、アレルギーや炎症なども促進してしまうデメリットがあるのです。不飽和脂肪酸だからといって闇雲に摂取すればよいというものではありません。

一方、積極的に摂取したい成分が、他ならぬオメガ3です。中性脂肪や悪玉コレステロールの低減、脳神経の活性化、身体の基礎代謝向上などに加え、アレルギーや炎症などを抑制するというオメガ6とは真逆の効果も望めます。

ただし、これも過剰に摂取すればよいというものではありません。1日あたりの摂取量を守ることが肝心です。