博士が教えるオメガ3脂肪酸なるほどガイド

EPA

オメガ3脂肪酸の主要成分のひとつであるEPAが、人間の身体にもたらす効果や効能、メリットなどについて、詳しく紐解いてご紹介していきたいと思います。

オメガ3脂肪酸・EPAとは一体どんなもの?

オメガ3脂肪酸の効果が発見されるきっかけとなったのは、エスキモーやイヌイットの人たちの健康調査でした。

これは1960年代に行われたもので、彼らはアザラシや魚を主食とする一方、野菜をほとんど摂取しない(できない)といういささか偏った食生活にも関わらず、健康な高齢者が多いことが、研究の対象となったのです。

その結果、エスキモーやイヌイットの血中には、デンマーク人に比べて実に35倍ものEPAが含まれることが判明し、以来EPAは健康に重要な成分として注目を集めるようになりました。

EPAは正式名称を「エイコサペンタエン酸」と言い、DHAと並びオメガ3脂肪酸の主要成分となっています。実はDHAとEPAは同じ不飽和脂肪酸の仲間で、非常に近い性質を持っています。

ひとつ大きな違いを挙げるとするならば、DHAは脳に到達し脳神経を活性化する働きがありますが、EPAには脳に達するという性質はありません。

EPAの効果とは?

DHAとEPAはどちらも生活習慣病予防に効果を発揮しますが、DHAは悪玉コレステロールの減少をより得意とするのに対し、EPAは血中の中性脂肪濃度を下げることにより効果を発揮します。

またEPAならではの働きとして、血小板が血管内で固まってしまうのを防ぐ作用も発揮します。

加えて、近年ではこれら生活習慣病の予防効果以外にも、EPAには様々な効果があることが分かってきました。

まずはDHAと同じく、花粉症やアトピー性皮膚炎など、炎症やアレルギー症状の緩和。プロスタグランジンやロイトコリエンといった物質の発生を抑制する働きがあり、またこの働きによって、がんに対する予防効果も望めるのではないかとの期待も高まっています。

続いては、女性必見の生理痛の改善効果。EPAにはプロスタグランジンという物質の発生を抑制する働きがあります。

このプロスタグランジンは多量に発生してしまうと、子宮の収縮が激しくなり、生理痛をひどくする原因となるため、EPAの摂取により生理痛の緩和効果が期待できるのです。

さらにもうひとつは、肌トラブルの改善。EPAにはヒアルロン酸と同様に、皮膚の角質層をつなぎとめるという働きがあります。

乾燥肌などの皮膚トラブルは、角質層がバラバラになってしまうことが原因ですので、これらの改善が望めるという訳です。

以上の通り、EPAにはDHAと同様に各種生活習慣病の予防に大きな効果が期待できるのに加え、独自の効果も発揮します。

特に生理痛や肌トラブルなど、女性には見逃せない効果がある点が注目ポイントです。