博士が教えるオメガ3脂肪酸なるほどガイド
オメガ3脂肪酸ガイドHOME » オメガ3脂肪酸・3大成分が持つすごいパワーとは

オメガ3脂肪酸・3大成分が持つすごいパワーとは

オメガ3脂肪酸の成分の中でも、人間の身体に大きな効果をもたらす3つに着目し、それぞれの特徴を詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

オメガ3脂肪酸の成分、その凄さとは…

オメガ3脂肪酸は「脂肪」という言葉から連想されるイメージとは真逆に、人間の身体によい効果をもたらしてくれます。

ただし、ひと口にオメガ3脂肪酸と言っても、その成分には種類があり、それぞれ個別の特性があります。そこで今回は、次の3つの成分について、詳しく言及していくことにしてみました。

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)
  • ALA(αリノレン酸)

例えば、DHAには体内に入ると、悪玉コレステロールを減少させる効果を発揮しますが、EPAはどちらかと言えば、中性脂肪の減少をより得意としています。一方、DHAとEPAの共通点としては、どちらも魚類に多く含まれるというものがあります。

対して、ALAは魚類にはほとんど含まれておらず、植物由来がメイン。また、体内に摂取されると、大きな変化を起こすことで知られています。さらには近年、DHAやEPAにはない、独自の働きがあることも明らかになっているといった具合です。

それぞれのページでは、各々の成分について、より詳しく掘り下げて解説しています。ご自身が摂取するオメガ3脂肪酸はどれがいいのかを判断する上での、参考にしてみてください。